沖縄旅行withおぼっちゃま@ブセナテラス'07 〜二日目Lunch編〜

南国沖縄旅、はるか昔の様な気がしますが(^_^;
まだまだレポは続きます。
二日目Lunch編、いってみよ〜〜!!!

さてさて、
水族館で知識欲?お土産屋さんで物欲?を満たしたところで
騒ぎ出したのは食欲の虫(^_^;)
前回はおぼっちゃまの食事の関係で水族館併設のカフェで済ませましたが、
今回はおぼっちゃまもほとんど制約がなしだし、
せっかくだからどこか素敵なお店に、、、とゆかさまリサーチがんばりました!!!

水族館のある海洋博記念公園から本部方面を抜け、
さらに名護方面へと向かうR84号線沿いには
陶芸カフェや沖縄そばのお店などがチラホラと隠れ家的に散在しています。
その中でゆかさまアンテナにぴぴっときたのがこちらのお店、
陶芸茶屋「四季の彩」

c0071604_2184453.jpg




ネットで調べたところでは道からちょっと奥まった所にあり
見つけられるかどうか今一つ不安だったのですが、
とりあえずは行ってみることに。
(見つけられなかった場合の保険は
おぼっちゃまがお腹の中にいた時の沖縄旅行で訪れたこちらのお店
「大家(うふや〜)」でした。)

心配をよそに県道沿いにちゃんと看板が出ていて
見落とすことなく無事お店に到着!!!
(ほんとに奥まったところにありました)
まだそんなに名が知れていないお店だったのでしょうか、
駐車場には一台も車が止まっていませんでした。

お店の入り口までの坂道を上ると、
突き当たりはシーサーの陶芸窯になっていて、
お店への入り口沿いにはそこかしこにシーサーちゃん達が。

c0071604_2231929.jpg


お庭も手を入れ過ぎず自然な感じで野の花にあふれていてとっても素敵。

c0071604_2251331.jpg

c0071604_2255580.jpg


カフェの建物はログハウス風。

c0071604_2263412.jpg


店内にもあちこちにシーサーちゃん達がいます。

c0071604_2274510.jpg

c0071604_2282671.jpg


訪れた時間がお昼過ぎだったせいでしょうか、
店内にはお客さんは誰もいませんでした。
真夏を過ぎた沖縄、
日差しは強いけれど建物の中にいると風がとても心地よく、
木の感触がとても気持ちのよい店内。

c0071604_22948.jpg


c0071604_2303017.jpg


シンプルなお手製のお品書きにあるメニューは品数は豊富ではありませんが、
出てきたお食事はどれもお店の雰囲気そのままのシンプル
だけどほっこりと美味しさが滲み出てくるような温かい手作りのお味で、
どれもとても美味しくいただけました。
おぼっちゃまもジューシーやヒラヤーチーを「おいしい!」とぱくぱく(*^^*) 

c0071604_2312020.jpg

ヒラヤーチー;沖縄風お好み焼き?というよりはチヂミに近い感じでした。

c0071604_2315787.jpg

四季の彩定食;優しいお味のジューシーに素麺入りお吸い物、
左上に見えるのは紅芋の水羊羮風デザート
(おぼっちゃま、お気に召した様子でだんなさまの分もパクパク(^_^;)

美味しいお食事とゆったりとした空気の中で過ごす昼下がりの一時に
おぼっちゃまもすっかりゴキゲン♪♪♪
ゆかさまが店内のシーサーちゃん達を見て回る間も
ゴキゲンでお庭を闊歩しておりました。
そして、その隙に?ショッピング〜なゆかさま(^_^; 
なんだかどうしても気になった子が一人、、、
ゆかさま達の座ったテーブルの後ろ、
窓際にちょこんといたシーサーちゃんの中の右から二番目の子。

c0071604_2335060.jpg

(写真では光が反射して見づらいですね(^_^;)

c0071604_1551381.jpg


こちらのシーサーちゃんが
「お家に連れてって〜!」とゆかさまに訴えておりましたので(笑)
はるばる名古屋まで連れて帰ることに。
お買い上げ〜★
めんそ〜れ名古屋へ!!

帰りがけにはお店の番犬なんでしょうか、
軒下にわんこが一匹お見送り。

c0071604_2343112.jpg


“ポンタです”の看板とこのモサモサ具合がなんともゆるーい雰囲気で愛らしかった(*^^*)

ほんとにほんとにゆったりと時が流れる素敵なカフェでした♪
また来たいな♪♪
そんな南国沖縄のゆったりランチタイムを楽しんでお店を後にしたのは14時半近く。
南国沖縄、まだまだ日も高く、おぼっちゃまも給油完了!で元気いっぱい!
さてどこ行こうか???

上映時期は未定!だが、まだまだ続く!!!
[PR]
by yukasama24 | 2007-11-28 00:00 | 旅行


<< インフルエンザ予防接種 天使と悪魔… >>