救いの神はだんなさま!?

先日の日記にも書きましたが
今週前半は魔のグズグズ大王に変身中だったおぼっちゃま。
日中のぐずぐず、ぎゃーもすごかったのですが
ゆかさまが倒れそうなくらいヘロヘロになったもう一つの理由は
久しぶりの夜泣き、というか、
もうこれは夜驚症?なくらいの激しい夜泣き。

寝ついて一、二時間くらいで必ずお呼びがかかるのは
今までの夜泣きと同じなのですが
なにがすごいって、その激しい泣き方。
いつもの夜泣きならおむつを替えたりとんとんしてあげればまた寝入るのに
今週の泣きはとにかく激しかった。。。。
“火のついたような”という表現がピッタリ来るような激しい泣き方。
そして、何をしてもだめ。
抱っこしてものけ反る。添い寝で背中トントンしてもいやがる。
とにかく何してもぎゃーと激しく泣いて止まない。

最初の二日間は初めてのことにどうしていいやら。。。
こちらも旅の疲れでヘトヘトだったので
つい「何で泣き止まないのよ〜!!!」と逆ギレしてしまったことも。。。。
そして、その後に来る自分への嫌悪感に果てしなく落ち込む。。。。
でも、また泣かれると疲れ切った頭でもう何をどうしていいのか。。。。

そんなのが三日もつづいてさすがのゆかさまも
育児ノイローゼ気味になっていました。
どこかへ逃げたい、育児なんてもういやっ!
疲れで朦朧とする頭、疲れ切った身体ではやはりママ業はしっかりできません。
疲れて苛々するからちょっとしたおぼっちゃまのぐずりにも
優しく対応できなくて
まさに二人してデフレスパイラル状態。悪循環の日々。

そんな魔の日々を抜けだせれた、というか、
ゆかさまの気持ち面だけでも少し楽になれたのは
三日目の晩にあっただんなさまからの電話。

いろいろ事情があって、だんなさまも忙しく
ゆかさまが孤軍奮闘していたこの魔の日々だったのですが
だんなさまにその大変さを電話ででもぶちまけて
気持ちがとっても楽になりました!

そして、ぎゃーぎゃーわめく我が子にうるさい!と切れてしまったダメ母ゆかさまにも
そんな時もあるよね、大変だよね、と
そのつらさを分かってくれて、責めることなんてしない
だんなさまの優しさに思わず涙、涙の昨晩でした。
出産以来、育児にかまけて
すっかりだんなさまへの愛情がどこかへ吹っ飛んでいたゆかさまでしたが、
昨晩はだんなさまの優しさにほんとにじーんと来ました。
そして、またおぼっちゃまの育児をがんばろう!と思える前向きゆかさまに
少しだけでも戻れた気がします。

やっぱり育児中のママの最大の味方は
だんなさまの理解につきると思います!!!
具体的に何ができるかってことじゃなくて、
ほんとに大変な時、逃げ出したい時にそのつらい気持ちを分かってくれるだけで
それだけでどんなに気持ちが前向きになれることか!

世のパパさん達!
ママはどんなにつらくても、逃げ出したくても、ママ業は休むことなんてできないのです。
そんな時に頼りになるのは
だんなさまであるパパさんですよ!
具体的にフォローできればそれもよし、
それができなければ話を聞いてあげるだけでもママの気持ちは楽になるのです!
仕事で疲れているかもしれないけど
ママも24時間休みなしでやんちゃっ子の相手でヘトヘトなの。
どうか、その気持ちだけでも楽にしてあげて下さいね!
きっと今は育児に追われてだんなさまは二の次になっていても
(え?それってうちのこと〜!?(^_^;))
そんなだんなさまの優しさがのちのちラブラブ夫婦復活の種になるハズ!!!

改めまして、
ほんとにありがとう、だんなさま。
[PR]
by yukasama24 | 2007-04-26 23:39 | 子育て


<< モリコロパーク(愛・地球博記念公園) 魔の一歳児… >>