悔しい気持ち

三歳の頃から続けている
おにいちゃまの習い事が体操教室。

飽きっぽいゆかさまの子供にしては
習い始めてから休んだりすることはあっても
辞める、とは言い出すことなく
それなりに楽しく通っている様子です。

その体操教室で
今月はお相撲大会がありました。

一ヶ月通して毎週お相撲の試合をしていたようで
これまで三回は毎回一等賞を取っていたらしいおにいちゃま。

先週お迎えに行った時には
鼻高々な表情で一位席に座っていました。

そして、月末にある大会に向け
「ぜったい一位になってトロフィーもって帰る!」
と意気込んでいたおにいちゃまでした。

その大会が本日。

朝からなにやらごそごそやっているなあと思ったら…

c0071604_23492689.jpg


こんなお守りを自分で作ってカバンに入れてました!

さて、その結果やいかに!?

体操教室終わりの時間にあわせてお迎えに行くと…

帰り支度をしているおにいちゃま、発見!!!
あら?なんか表情が冴えないわ…。
と思ったら、
体操教室のお友達がすれ違い様、
「○○ちゃん、負けちゃったよ!」と。。。

あら〜、そうなんだ〜、、、それであの表情なのね。

と、お迎えに向かうと、
やはり表情固く、
いつもなら私の姿を見ると手を振ってくれるおにいちゃまが、
気づいていないのか、気づかないふりなのか
そのまま自分の下駄箱のところへ向かって行ってしまいました。

硬い表情が気になったので
その下駄箱の方へと向かい、
声をかけると…
私の顔を見るなり涙溢れて泣き出したおにいちゃま。。。。。

あれだけ毎日「トロフィー持って帰る!」と
楽しみに毎週頑張って来たので
最後の最後で負けたのがよっぽど悔しかったんでしょう。

しばらくそのまま泣き崩れておりました。

そうだよね、悔しいよね。
今朝も朝ご飯もりもり食べて
「バナナって食べたら力つく?」と
バナナをオカワリして行ったくらい気合い入ってたもんね。
お守りも自分で作って気合い入れてたもんね。

ヤンチャを言って泣き崩れる時には
「男の子がめそめそしない!」とか
「自分が悪いことしたのに泣くな!」とか
いつも厳しく叱るゆかさまですが、
今日は何も言わずにしばらくぎゅっと抱きしめました。

だって、こんな涙、宝物ですもの!!!

負けて悔しくて、一番になれなくて悔しくて
そして流す涙は宝物です。

その悔しい気持ちが次につながる!!!
次こそ勝ってやる!という原動力になる。
だから、その涙は宝物。

気が済むまで泣かせてあげました。

周りでお友達も
「また今度は縄跳び大会があるよ!」とか
応援してくれてました。

しばらく泣いていたおにいちゃまでしたが、
悔しい気持ちを次につなげようと思ったらしく、
「今度は絶対、縄跳び大会で優勝する!」
「帰ったら毎日なわとびの練習する!」と。

うん、うん、毎日練習しようね。

悔しかったその気持ち、大事だよ。
だから、今回の負けはおにいちゃまをひとつお利口さんにしてくれたんだよ。

そんな話をしながらお家に帰りました。

おにいちゃまが一回りも二回りも大きくなれた
貴重な経験だったと思います。

頑張ったおにいちゃまを元気づけるべく、
この日はおにいちゃまが好きそうなお献立の晩ご飯。
かに玉丼を作ってあげたら
「おいしい!」と
眠くて食の進まなかったおちびちゃまの分までオカワリしてくれました♪
もりもり食べてまた大きく成長だね!!

頑張ったおにいちゃま、
ゆかさまから一等賞を贈りたいです♪
[PR]
by yukasama24 | 2011-10-27 00:09 | 子育て


<< 病院ダブルヘッダーの一日 サトイモふわふわケーキ >>